株式会社きよかわ動物病院

犬の目の下の腫れの原因や対処法

犬の目の下の腫れの原因や対処法

犬の目の下が腫れている場合

2021/08/21

犬の目の下が腫れている……!

目がかゆそうで可哀相だし、どうすればいいの?? 急な愛犬の変化に戸惑いを覚えている人もいるでしょう。

犬の目の下の腫れは放って置くと大きな問題を引き起こすことも……!

そうならないためにも、この記事では、犬の目の下の腫れの原因や考えられる病気、対処法について紹介。

愛犬の目の異常を感じたら、すぐさま適切な方法で対処しましょう。

目次

    犬の目の下が腫れる原因

    犬の目の下が腫れている場合、何かしらの病気にかかっている可能性が高いです。

    目の病気を治すには、早期発見が何よりも大事です。

    異常を感じたら、すぐさま動物病院に連れて行きましょう。

    犬の目の下が腫れている時に考えられる病気

    犬の目の下が腫れていたら、以下のような病気が考えられます。

    1.眼瞼炎(がんけんえん)

    まぶたの一部または全体が赤くなったり腫れ上がったりしてしまう症状。

    眼瞼炎が長期間続いてしまうとまぶたが傷ついてしまうことも。

    原因として、ウイルスなどの細菌感染や寄生虫感染による皮膚炎などが考えられます。

    2.眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)

    目に出来物ができていたり、目やにが多かったりすると眼瞼腫瘍かもしれません。

    大半の腫瘍は良性ですが、なかには悪性のものもあります。

    良性の場合、子犬のときに手術しておけば、再発はほとんどありません。

    動物病院に連れて行き、早めに対処してもらいましょう。

    3.眼窩下膿瘍(がんかかのうよう)

    目の下に膿瘍ができているときは、眼窩下膿瘍の可能性があります。

    眼窩下膿瘍は歯石が原因で発症する病気の一つ。

    基本的に、膿の元となっている歯を抜くことで解決します。

    4.マイボーム腺炎

    マイボーム腺(まぶたの縁にある腺)が炎症を起こした状態のこと。

    アレルギー体質のワンちゃんがとくに発症しやすいです。

    マイボーム腺炎には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の2種類があります。

    麦粒腫はいわゆる細菌感染による“ものもらい”のこと。

    とくに、若い犬が発症しやすいといわれています。

    対して、霰粒腫はマイボーム腺の詰まりが原因となり発症する慢性的な炎症です。

    基本的に、麦粒腫は感染症のため内服薬・点眼薬で治療しますが、霰粒腫は外科的な措置を執るケースもあります。

    犬の目の下が腫れている場合の対処法

    もし犬が目の下に腫れをつくっていた場合、どうすべきか。

    まず何かしらの病気にかかっている可能性があるため、動物病院に連れて行きましょう。

    目の病気は内服薬・点眼薬、ときには外科施術を使って治療していきます。

    また目の病気以外が原因で目の下が腫れてしまうこともあります。

    その場合、素人での原因究明は困難です。

    すぐさま獣医に相談して、適切に対処してもらいましょう。

    犬の目が赤いときの原因・対処法

    こちらの記事では、犬の目が赤く充血している原因や症状、病名、対処法について説明します。

    犬の目が赤い……! 愛犬のいつもと違う様子に戸惑う飼い主さんも多いでしょう。

    「なんかの病気ではないか? でも目が赤いだけで元気そう……」など対処法に困惑している人も少なくないと思います。

    犬の目の充血について詳しく知りたい方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

    犬の目が赤いときの原因・対処法

    目の異常を発見したら、すぐさま動物病院を受診しよう

    愛犬の目に腫れを見つけたらすぐさま動物病院に相談しましょう。

    目の下の腫れは病気の可能性が高いです。

    放って置くと、さらに状態が悪化するかもしれません。

    愛犬の目に異常を感じたら、できるだけ早く獣医の指示を仰ぐようにしましょう。

     

    きよかわ動物病院では、清潔な院内環境のもと、ペット一匹一匹に合った適切な処置を心がけております。
    ペットの生活習慣や些細な悩みについての相談も受け付けておりますので、木更津のきよかわ動物病院へご連絡ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。