株式会社きよかわ動物病院

猫の歯茎の腫れの原因や治療法

猫の歯茎が腫れている場合

猫の歯茎が腫れている場合

2021/08/21

愛猫の歯茎が赤く腫れているような気がする。

食事も食べづらそうだし、このまま何もせずにいて大丈夫かな?

そんな不安を抱えている方もいるでしょう。

ここでは、猫の歯茎が腫れる原因や治療法・予防法等について解説。

猫の歯茎に異常が見られたら、すぐさま適切な対応をしてくださいね。

目次

    猫の歯茎が腫れる原因

    猫の歯茎が腫れている要因として、以下の病気が考えられます。

    1.口内炎

    感染症や免疫低下などにより、口内炎が発生している可能性があります。

    猫は口内炎を発症すると、よだれをたくさん垂らしたり、食欲が減退したり、口臭がきつくなったりします。

    猫の口内炎はワクチン接種やドライフードを食べさせるなどの工夫で、発症確率を減らせます。

    2.歯肉炎

    歯周病の早期の段階。

    歯肉(歯茎の表面)の部分が炎症を起こし、赤みが強くなったり、腫れたりしてしまうのです。

    歯石の除去や薬の投与によって治療できます。

    3.歯周炎

    歯肉炎が進行すると、歯周炎となっていきます。

    歯周炎になると、歯肉からの出血や痛みが激しくなり、口を触られるのを嫌がったり、食べ方が変わったり、さらに進行すると、食事をほとんど食べられなくなります。

    口臭やよだれなどの症状もさらに強くなっていきます。

    猫は口の中の痛みをとくに感じやすいといわれているため、元気や食欲に大きく影響するかもしれません。

    猫の歯周病とは

    猫の歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称。

    歯垢内の細菌が炎症を起こして発症します。

    歯や、歯の周囲にあるじん帯、歯を支えてくれている骨に炎症が発生することも。

    症状が進行すると、歯が抜ける、頬やあごが腫れる、顔や皮膚に穴があく、歯根の膿が排出される、あごが骨折するなどの症状が出てくることもあります。

    歯周病が進行すると、細菌が血流によって運ばれ、心臓病や腎不全、肝炎など全身性の病気に発展する可能性も出てきます。

    猫の歯茎が腫れたときの治療法

    猫の歯周病は以下の方法で治療していきます。

    1.歯石を取り除く

    猫に全身麻酔を打って、超音波スケーラーや研磨機を使って、歯石を除去していきます。

    重度の歯周病の場合は、グラグラしている歯などを抜く必要も出てきます。

    2.投薬

    歯周病の症状が進行している場合、一時的に抗生剤を使用して細菌を抑えることもあります。

    自身の免疫力の低下により歯周病を発症しているときは、乳酸菌製剤やサプリメントを併用することも。

    また重度の口内炎の場合、ステロイド剤を使用することもあります。

    3.抜歯

    食事中痛みを感じるようになったら、抜歯をする必要が出てきます。

    口の違和感も消え、抜歯後は今まで以上に食欲旺盛になったり、行動が若返ったりすることもあります。

    猫の歯周病の予防法

    歯周病にならないための予防法を紹介します。

    1.オーラルケアを行う

    歯磨きをして歯垢(プラーク)を取るといった、オーラルケアが最大の予防策です。

    猫用の歯ブラシなどを使って、毎日歯磨きをしてあげるようにしましょう。

    濡らしたガーゼなどを指に巻いて磨く方法でもかまいません。

    磨くときはゴシゴシこするのではなく、優しくなでるような感じで。

    歯垢はとくに上の奥歯にできやすいので、念入りに磨いてあげてください。

    猫用の歯磨き粉を使用すると、さらに効果がアップします。

    2.食事の見直し

    歯石ケアのできるキャットフードやおやつの活用も効果的です。

    歯石ケアのできるキャットフードは、通常のものより粒が大きくて、固め。

    猫がよく噛むことによって、ブラッシング効果を期待できます。

    ウェットフードは、柔らかく食べやすい分、歯に食べかすが付きやすいので細菌が付着しやすくなるので、歯石予防の観点からはおすすめできません。

    歯石ケア用キャットフードは、歯を健康にするための成分が配合されています。

    ただし、固すぎるフードは猫の歯や歯茎を傷つけてしまうこともあるので気をつけましょう。

    猫の口の中のできものの原因・治療法

    こちらの記事では、猫の口内炎の原因や症状、治療法、予防法についてお伝えします。

    猫の口の中に出来物ができている。

    口内炎かな? でも口内炎って放って置けば、気づかないうちに治ってるよね。そのままにしていっか。そんな風に思っていませんか?

    猫にとって口内炎はとてもこわ~い病気。放って置くと、食事もできず、衰弱死しかねません。

    猫の口内炎について詳しく知りたい方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

    猫の口の中のできものの原因・治療法

    猫の歯茎の腫れを確認したら、獣医に相談しましょう

    猫の歯茎の腫れが見つかったら、歯周病などのサインかもしれません。

    猫の歯周病は悪化すると歯が抜け落ちるだけでなく、全身に悪影響を及ぼすことも。

    愛猫の健康を守るためにも、歯の状態にも注意を払っていきましょう。

     

    きよかわ動物病院では、清潔な院内環境のもと、ペット一匹一匹に合った適切な処置を心がけております。
    ペットの生活習慣や些細な悩みについての相談も受け付けておりますので、木更津のきよかわ動物病院へご連絡ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。