株式会社きよかわ動物病院

猫の赤い目やにの原因、症状、治療法など

猫の目やにが赤い場合

猫の目やにが赤い場合

2021/08/21

我が家の愛猫の眼がしらに赤い目やにが付いている。

見慣れないけど、大丈夫かしら……。何か病気にかかっているのでは??

そのような心配に駆られている飼い主さんもいると思います。

ここでは、猫の赤い目やにの原因や症状、対処法などについて解説。

猫ちゃんの目やにに気づいたら、問題ないかすぐさま確認してあげてくださいね。

目次

    猫の赤い目やにの原因

    猫が赤い目やにを出す原因をお伝えします。

    1.生理現象

    目やにに粘着性がなく、少量が目の縁などに付く程度でしたら、それは健康な証拠。

    目に付いたほこりや結膜などから粘液が分泌されており、生理現象の一つといえます。

    2.目にケガを負っている

    猫の目に傷がついていたり、目をよくこすったりしている場合は、血がにじんでいる可能性もあります。

    病気ではありませんが、ケガの場合もすぐさま病院に連れて行きましょう。

    3.病気を発症している

    赤い目やにと一緒に膿が出てきていたり、左右の目の大きさに違いがあったりしたら、病気にかかっている可能性が出てきます。

    目の病気だけでなく、ほかの病気の症状の一つとして赤い目やにが出ているかもしれません。

    すぐさま獣医に診てもらいましょう。

    猫の赤い目やにの症状と対処方法

    猫に赤い目やにが付いていたら、以下の症状が考えられます。

    たとえどの症状に当てはまっていたとしても、まずは動物病院で診てもらいましょう。

    早めの治療が大切です。

    1.猫風邪

    猫ヘルペスウイルスなどのウイルスや細菌の感染により、猫風邪を発症している可能性があります。

    猫風邪はワクチンで予防できるため、できれば事前に接種しておきましょう。

    猫風邪が発症したら、まず病院で診てもらうことが大切です。

    動物病院で薬剤を処方されたら、用量・用法を守って投与しましょう。

    2.角膜炎

    角膜が炎症を起こした状態。

    角膜炎の場合、目のなかをキレイに洗浄したあと、抗生剤などを点眼します。

    早期発見することで、失明などの重症化を防ぐことができるので、早めに動物病院で診察を受けることが大切です。

    病院では、点眼薬を処方されることが多いですが、目以外の治療が必要なときは、注射を打ったり、内服薬を使ったりすることもあります。

    3.結膜炎

    猫ヘルペスウイルスなどのウイルス感染や異物が目に入ることで、まぶたの裏側にある結膜に炎症を起こす病気。

    生後間もない子猫が結膜炎にかかってしまうと、まぶたがくっついてしまったり、目の成長に異常が発生したりする可能性もあります。

    もちろん成猫であっても、安心できません。

    結膜炎を長期間放置したら、重篤化してしまい、失明にいたる可能性も出てきます。

    結膜炎も薬剤を投与で治療することが多いです。

    ワクチンで予防できるため、できる限り接種してあげましょう。

    4.白内障

    猫同士のケンカで目が傷ついたり、ブドウ膜炎など目の炎症が原因で、白内障を発症することもあります。

    猫の目の状態や動きをよく観察し、早期発見することが大切です。

    目やにだけでなく、猫の動きが鈍くなったり、壁にぶつかることが多くなったりしたら、白内障を疑いましょう。

    初期の段階では内科的な治療法が用いられますが、完治させるには外科手術が求められます。

    手術は手技が難しく、専門の器具や設備を用意しなくてはなりません。

    そのため、動物病院によく相談する必要があります。

    猫に目薬をさすときのコツ

    猫に点眼薬をさすときのコツをお伝えします。

    1.後ろから抱える

    目薬をさすときは、猫を後ろから抱えてあげましょう。

    利き手で点眼薬を持ち、もう片方の手であごを支えます。

    少し上を向かせ、目薬を持った手の小指でまぶたをそっと開き、目薬をさします。

    2.素早くさす

    猫によっては目薬を嫌がることも。

    猫はもともと長時間拘束されるのを嫌がる生き物です。

    事前にふたを開けておくなど準備しておき、少しでも素早く点眼を済ませられるようにしましょう。

    猫の目が腫れている症状と原因

    こちらの記事では、猫の目の腫れの症状と原因について説明します。

    猫の目が腫れている。普段はそんなことしないのに、しきりに目をこすろうとしたり、目も充血したりしている……。

    飼い猫にそんな症状が現れたら、不安になりますよね。

    猫の目の腫れについて詳しく知りたい方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

    猫の目が腫れている症状と原因

    迷ったら獣医に相談しよう

    猫に赤い目やにが付いていた場合、どうすればいいかをお伝えしました。

    正常な目やにかもしれませんが、大量に出ていたり、目の充血などほかの症状も見られたりしたら、病気にかかっている可能性があります。

    放置しておくと、失明してしまうことも。

    気になることがあったら、すぐさま近くの動物病院に連れて行ってあげましょう。

     

    きよかわ動物病院では、清潔な院内環境のもと、ペット一匹一匹に合った適切な処置を心がけております。
    ペットの生活習慣や些細な悩みについての相談も受け付けておりますので、木更津のきよかわ動物病院へご連絡ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。